────────────
讀賣新聞 2003/11/23
────────────

【加古川のエコマネー 3回目流通実験開始】

 加古川でボランティア活動などの対価として受け渡しをする地域通貨「エコマネー」の普及を目指す「かこがわエコマネー実験研究会」(金沢孝事務局長)は二十二日、三回目の流通実験を始めた。来年二月二十一日まで続けられる。
  市商工会議所青年部のメンバーらが中心になって、二〇〇一年から実験を始めた。通貨単位は加古川の清流と地域社会の再興の二つの意味を込めて「りば(RIVA)」と名付けられた。
 この日は、兵庫大(同市平岡町)の学園祭で記念イベントを開催。学生らが説明を受けた後、買い物の手伝いや手作り絵手紙など、提供できるボランティア活動を登録し、エコマネーでの取引を体験した。実験への参加は随時受け付ける。問合せは事務局(0794-24-3355)。

Back